早漏制御はタダポックスで!

自分の意志でコントロールできない射精を早漏といいます。イくまでの時間は実はあまり関係ありません。タダポックスを使えば射精は自分でコントロールできるようになります。タダポックスの効果についてもご紹介中。

早漏治療薬タダポックス

早漏治療に深く関係する自律神経

PEとはPremature Ejaculationの略で早漏のことです。
性交時に挿入後、あまり時間がたたないのに射精してしまう状態です。
日本では勃起不全の男性が約980万人いるといわれていますが、早漏の人はそれを超えるともいわれています。
なかなか人に相談できる問題ではないので難しいですね。
こうした人におすすめの薬がタダポックスです。

早漏の原因は何でしょうか。
鬼頭が敏感すぎることが考えられます。
そのため早漏治療薬として麻酔薬のようなものをつかって感度を下げるタイプのものが売られています。
コンドームのなかには早漏対策として、先端部に早漏防止用のジェルがついているもののあります。
一般的な薬では感覚を麻痺させるものが多いですが、感度が下がっては、性行為を楽しむことができません。

神経のはたらきでもうひとつの要素があります。
それが自律神経です。
自律神経は簡単に説明するなら、循環器、消化器、呼吸器などの活動を調整するために、24時間働き続けている神経です。
寝ているときも働いています。
そして自律神経は、起きているときに活発になる交感神経と、寝ているときに活発になる副交感神経があります。

この2つがバランスを保ちながら働き続けているうちはいいのですが、バランスを崩すと心身双方によくありません。
とくに不規則な生活やストレスはよくありません。

早漏の原因は交感神経が高まりすぎているのが原因であるという説が有力です。
そのため早漏を解決するなら副交感神経の働きを高めればよいことになります。

タダポックスは勃起不全と早漏を改善する薬です。
ジェネリック医薬品なので価格が安いです。
タダラフィルとダポキセチンがおもな成分です。
ダポキセチンは副交感神経を優位にさせる薬でSSRIに分類される鬱病の治療薬でもあります。
タダポックスを飲むなら性交の30~40分前です。
食前か食後の服用かで効果に影響はあまりでない薬です。